ひなんくんれん

こんばんは。

マチルダの沢井です。忘年会が4,5件と、野暮用と、他諸々仕事以外の打ち合わせで頭が爆発しそうと思い、昨日は夜一人でひたすら自分で書いた詩をトラップというジャンルのヒップホップのトラックに乗せようとしていました。むり!!難しい。まあ、遊びなのでいいです。丸善か何かで檸檬が爆発したように、澤井もアートを爆発させればいいのです。


今週は避難訓練ウィークです。

子供用には
避難訓練ウィークとか、みんなで踊ろうウィークとか

大人用には
行動分析ウィークとか氷山モデルウィーク

とかやってますが、

最近今週が何ウィークだったか思い出せない。。誰かに聞いたり調べたりして ああ となります。

さて、今日も避難訓練でした。

今週はなんとなく机の下に入ること。
出口に並ぶことをしてみています。

机の下に入る視覚指示書や並ぶことの説明がないなと
思っていたので、今日は思いつきでこんなの作ってみました。
明日もあったほうがいいけど、明日も用意できるだろうか。。。



避難訓練苦手な子も参加できました。
足型に一瞬足を乗せた(意図的ではないと思う)子もいました。

それでいいのかなと。

逃げ遅れてはいけないですが

わかりやすい避難訓練で、

ご本人の理解や慣れを少しづつ引き出していけたらと
思いました。


最終ゴールは避難所にたどり着けることだけれど
それぞれのご事情。
例えば

・聴覚過敏(拡声器を使うのをやめてみてます。サイレントに逃げられたら自閉症の人には素敵やんと思いません?)

・慣れないことへの不安(想像力の障害なのかな? 月一か隔月で避難訓練ウィークをやっていくつもりです。少しづつ慣れてもらえないかなと)

・避難訓練の意味が分からない(ここをどうお伝えしていくか。やはりご本人の分かる形、絵や実物など使いながら)

こういうものに配慮して、伝わる形の避難訓練をやっていきたいです。

さわい拝

号泣したり、暴れている子に無反応でいられるのか?

こんばんは。

マチルダの澤井です。

パニックのときの対処法って時々聞かれます。

ぼくもあんまり分かってないんですという前提に立って


あまり反応しないほうがいいかな?と伝えます。

パニックを起こすと、何かゲットできるという誤った学習につながるから。

発語がある子はこれでは説明できない気がします。

発語のある子はその子が聞いてほしいタイミングで話を聞いてあげればいいのでは?


発語がない子(発語できる、できないと言わないようにしてます。発語したほうが周りは嬉しいと思うけれど、発語がなくても豊かにコミュニケーションできる可能性はあるから)は、

音声言語を聞き取り理解するのが苦手な子も多いし、その中で逆に自分から自分の要求をたくさん発言する子は少ないのではないでしょうか。

そうすると、この我々の生きる世界はパニックの元なんですよね。

大人はその日の気分やいろいろな事情で、いつもの当たり前にある、おやつやご飯、寝る時間、お迎えの時間などを変更します。

言葉を分からない人たちは、割りと映像的な記憶に頼って生活しているような気がします。抽象的にあと5分でお家だという理解をしない場合、この道、つぎの信号、そんであの道と覚えているほうが、安心するのかなと思います。

でも、僕らは何の気なしに彼らが鍵にしている条件を変えてしまいます。

でパニックになると。


パニックには反応するより、落ち着くまで待った方がいいんじゃないのかなと思います。
言葉の理解があまりない人に、優しさのつもりでたくさん声をかける、そしてその本人は必死で半狂乱でおかしくなりそうなのをこらえている。

そんなとき、言葉の理解があまりな人に、僕らの声は届きますか?

たぶん聞こえても聞こえないし、逆に余計混乱するかも。

だから、ほうっておくのがいいかなと思いますが、


でもじゃあいつも無視したり、ほうって置くのがいいのか?というと

たぶん無理ですよね。

とくにご家庭や経験の少ない支援者の人は


「熱意のある無理解な支援者」には気をつけないとですけど。

まあ、怒ってたら、慰めたり、気を紛らわすのにおもちゃを上げたり

でいいんじゃないかなって思います。

それが続いて、どうもおもちゃやお菓子、母の注目を集めるために
パニック、他害などになってるようだと気づいた時は、しっかり考えないといけないかなと。


ぼくは子どもが泣いてても比較的冷静でいます。ちょっと心は痛みますが。

パニックのとき、こう関わるとどうなるのかな?って漠然と想像しながら
ほうっておいたり、背中や足をトントンしたり、「つらいね」と共感したり(この言葉が本人にとって慰めになるかは分かりませんが、ひとまず届いたらいいなあぐらいです。)


自分を責めやすい支援者は自分を責めるのをやめよう、ポジティブなことあるじゃん。一日生きてれば。

自分を責めやすい親御さんは支援者に愚痴ってください。聞きますから。話してるうちに、ポジティブなことに目を向けれる余裕が出てくるはず。


ちなみに澤井は最近支援を上手く組めてる気がしないので、なんだかネガティブですww

まあ、少しづつ少しづつ 子どもの本当の願いを探しながら 問題行動を解決するより 新しい行動の獲得をしてもらうイメージで。

かっこよく言うとそういうことです。

さわい拝

まっとつながろ祭

かわちです。

各市町には地域自立支援協議会というものがあり、それぞれがわが街の福祉をよくするために、色々な話し合いや活動が行われています。

もちろん瀬戸市にもありまして。

「まっとつながろまい!」を協議会のメインテーマとし、地域がつながっていくことを大切にした取り組みをしています。

最近は、多くの参加者があった児童(特に高校卒業を控えた)むけの進路説明会や、参加者少なかったですが保護者向けに各事業所(生活介護、就労B型など)をめぐる見学バスツアーなどを企画しています。

瀬戸市内の自主製品を事業所を超えてトータルブランド化するため、「せとブレンド」なる企画も進行中です。

ほかにも、施設・放課後デイ職員向けの研修会や、交流会を企画し、こどもから成人期まで色々な地域の事業所がつながっていくなかで、連携や協力をすすめ、利用される方の福祉の向上を目指しています。

もちろん、行政への提言なども含まれていまして、障害者計画への参画や、18歳以上の方の日中一時支援や移動支援の負担金の撤廃なども、話し合ってきた成果と言えます。


前置き長かったですが、そんな協議会の次の一手。

「まっとつながろ祭」やります!



写真見にくいかな?facebookのページも作成中まっとつながろ祭
11月10日(土)10:30~15:00水野地域の「杏」さんを中心拠点(センター)とし、市内参加福祉事業所が各地域で同時に「祭り」やります。体験ブースあり、自主製品の販売あり、招き猫音頭あり!えとせとらは、つながろ祭プロジェクトチームを結成し、センターブースにて「豚汁」の販売します!また、日中一時・放課後デイの利用者さんと一緒に祭りに参加できるよう調整中です。
いままであまりなかった企画。福祉をキーワードに、人と人がつながりあい、皆で大きなムーブメントをおこそう!事業所の垣根をこえて、何か楽しいことをやろう!ここにかかわる人たちが、この街の福祉の未来に希望を持てるように。
そんな想いからスタートします。
最初は、そんなに大きな祭りにならないかもしれませんが、2年、3年と続けていく中で、「つながろ祭」が人のつながりとともに大きくなりながら、私達福祉にかかわる者の育ちの場にもなっていったらいいなと思っています。
皆様、是非最寄りの「つながろ祭」にご参加ください!

働くための評価と連携(TTAPの真似事)

こんばんは。マチルダの澤井です。

明日から特別支援学校の高等部は校外(事業所)校内実習が始まります。働くための作業の練習ですね。高校生と就労受け入れ先がマッチングしていくといいなあと思っています。最近マッチングなどのために、ケース会議に出たり、答えがわからないまま、状況の流れの中で、学校と放課後デイの連携を担当者や、特別支援コーディネーターの方と模索してます。

組織の壁は飲むことから壊すこともできるし、何度も相互に話し合うことの繰り返しで溝を埋めていくこともできるのかなと。

さて、またお勉強大好きな澤井は、働くための評価方法を勉強してきました。

いわゆる、TTAP(就労移行支援プロファイル《評価》)という、働くために必要なスキルを測る方法の勉強を東京でしてきました。

去年もこの研修行ってきたけど難しいなあ、評価なんて普段せんからなあと、研修を現場に落とし込むのをせずに来ました。なんで、自分を追い込むためにまた受けてきました。

この働くための評価は
家庭観察尺度
事業所・学校観察尺度
直接観察尺度

3つからなってます。間違ってたら訂正します。うろ覚えです。

家庭(親御さん)と事業所及び学校の担当者、双方から聞き取り、スキルの伸びしろを測り、お仕事に必要そうなスキルで伸びしろがあるところを測る。

直接観察は、評価キットがあるので、10万かかるww それを使って個別にお子さんに課題をやってもらい評価します。こっちでもやはり伸びしろを測ることがポイント。

さて、難しいね。。。

実践はしんどい、勉強だけすると快感、現実逃避できるし、
で現場で思うんよ

なんでここでは理想ができないんだと
人や時間のせいにしたくなるんです。

自分の怠惰は置き去りにして

だで、ちょっとだけ
試しに実践してみたぞ。イエイ。

ま、簡単に言うと
土曜日小学生の親御さんと面談してみたときに、
このアセスメントの家庭観察尺度部分の
「余暇スキル」の質問項目だけ
親御さんんとやってみました。

10万かかる方はちょっと買えない気がする。自腹切ろうかな、自分の私物にできるし。。。いや買わないかなww。いや、買いたいww。

少しづつ、マチルダの支援を客観的に評価しやすい方に持っていき
就労する時、学校を変わる時に受け入れ先に
渡せる客観的情報、支援の伸びしろ部分を伝えていきたいな。

伸びしろっていうのは「芽生え」と言われるやつです。

合格不合格を評価として出すのはできるけど、
「芽生え」があるところが良い。

芽生えはつまり、少し出来てるけどもうちょい工夫(手立て)があると自分でできるようになるかもよという部分。

まあ、そんな感じで、

中高生の子たちとの関わりを、できるだけ他機関に情報提供し、お互いにとって街ングする状態を目指していきたいです。

さあ、今週中に余暇スキルを評価したものを、表にしないと。
また、実践したくない、忘れてしまう病にかかりそうです。

明日から実習だ。みんな「はたらく」のを楽しんでもらいたいな。自分が集団の中で機能してると実感してもらえることを目指していきたい。

おやすみなさい。

さわい拝

諏訪利明先生講演会の案内

11月17日土曜日
https://blog.goo.ne.jp/teacchken_aichi

オススメです。

さわい拝

諏訪先生の講演会のブログ書くはずが秋刀魚とタイムトラベルで盛り上がってしまったので、もう一回記事書きました。

さわい拝